特定調停

福岡

司法書士

債務整理

消費者金融 借金問題の解決 簡易裁判所
司法書士事務所
各種登記申請 企業法務 簡易裁判所訴訟 お問い合わせ 当事務所のご案内

  TOPページ
 【NEW】最新情報
 【特設】新会社法・情報

各種登記申請
商業登記申請
  会社設立/増資
  企業再編/M&A
不動産登記申請
動産・債権譲渡登記

相続問題
不動産の相続登記
遺言

企業法務
企業再編、M&A
事業承継
起業支援
動産・債権譲渡登記
企業顧問契約注目
新会社法への対応
セミナー講演会の開催

簡易裁判所訴訟
簡易裁判所管轄訴訟
一般法律相談

債務整理
自己破産
民事再生
特定調停
任意整理


江島・猪之鼻
司法書士事務所
プライバシーポリシー
ご質問・お問い合わせ



特定調停
特定調停
特定調停とは、債権者(金融業者)を管轄する簡易裁判所の下、調停委員会が各債権者と債務者の仲介に入り和解協議をして、利息制限法に基づき再計算し、
★過払金充当減額 (払い過ぎた利息を元金に充当し残金を減額)
★債務不存在確認 (払い過ぎた利息を換算すると既に債務が無い)
★不当利得返還請求 (出資法以上の違法支払を全額返してもらう)
等の法的手段を用い負担を軽減させ、支払義務のある債務に対しては、3年間(最長5年)を目処に無利息にて支払計画を立て、余裕のある分割返済を目的とした和解協議による債務整理です。


特定調停のメリット
■取立行為の規制
弁護士、司法書士(簡易裁判所代理権の認定を受けた者に限る)に依頼した場合には、
その時点で貸金業者の取立行為が規制されます。
 
■返済のストップ
弁護士、司法書士(簡易裁判所代理権の認定を受けた者に限る)に依頼した場合には、
その時点で返済する必要がなくなります(債務総額を確定させるためです)。

※当司法書士事務所は簡易裁判所代理権の認定を受けております。


特定調停の開始要件
【特定調停の開始要件】
確定した債務に対して、3年間(最長5年)を目処に延滞・滞納等の可能性が無い返済計画が立てられる事です。
 
【特定調停の注意すべき点】
決定時に作成する調停調書は、確定判決と同等の効力があります。従って、返済を滞納すると、債権者からの強制執行(差し押さえ)を受けてしまうことがあります。
 
【特定調停費用】
5万円〜(簡易裁判所費用含)
※支払方法等はご相談下さい



江島猪之鼻司法書士事務所
司法書士事務所 江島猪之鼻司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目4番13号 九州DKビル6階
TEL :092-715-2488      FAX :092-715-2490
【当事務所の詳細・所在地MAPはコチラをどうぞ】




江島・猪之鼻 司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目4番13号
TEL:092-715-2488(代)
 
江島・猪之鼻 司法書士事務所