民事再生

福岡

借金問題

多重債務

大幅な債務圧縮 取立てストップ 司法書士事務所
司法書士事務所
各種登記申請 企業法務 簡易裁判所訴訟 お問い合わせ 当事務所のご案内

  TOPページ
 【NEW】最新情報
 【特設】新会社法・情報

各種登記申請
商業登記申請
  会社設立/増資
  企業再編/M&A
不動産登記申請
動産・債権譲渡登記

相続問題
不動産の相続登記
遺言

企業法務
企業再編、M&A
事業承継
起業支援
動産・債権譲渡登記
企業顧問契約注目
新会社法への対応
セミナー講演会の開催

簡易裁判所訴訟
簡易裁判所管轄訴訟
一般法律相談

債務整理
自己破産
民事再生
特定調停
任意整理


江島・猪之鼻
司法書士事務所
プライバシーポリシー
ご質問・お問い合わせ


個人民事再生
民事再生のメリット
民事再生
民事再生とは、債務者の住所地を管轄する地方裁判所に申し立てをして、住宅ローンに関する特則により、自宅等の所有不動産物件を所有しながら、住宅ローン以外の債務を、小規模個人再生(個人事業主用)又は給与所得者等再生(給与所得者用)のいずれかの方法で、負債総額の20%(但し100万円以上〜300万円以下)3年間(最長5年)にわたり弁済しながら、更に住宅資金貸付債権に関する特則を行使する事で、住宅ローン自体も最長10年間、支払期間を延長する事ができ、財産等を失う事無く債務の大幅な圧縮をして、3ヶ月に1回以上のゆとりある分割返済を目的とした債務整理です。

民事再生のメリット
■債務元本の大幅な減額
利息制限法引き直し計算により減額された元本から更に5分の1(100万円〜300万円)への減額が行われます。
 
■住宅を残すことが出来る
これが、個人再生を利用する一番大きなメリットです。自己破産した場合、住宅があっても、競売にかけられ換金され、債権者に分配されます。しかし、個人再生の場合には、一定の要件を満たせば住宅を手元に残すことができます。住宅ローンの元本はカットされませんが、支払い期限を猶予してもらうことが可能です(最長 10 年、 70 歳まで)。
 
■取立行為の規制
弁護士、司法書士(簡易裁判所代理権の認定を受けた者に限る)に依頼した場合には、
その時点で貸金業者の取立行為が規制されます。
 
■返済のストップ
弁護士、司法書士(簡易裁判所代理権の認定を受けた者に限る)に依頼した場合には、
その時点で返済する必要がなくなります(債務総額を確定させるためです)。

※当司法書士事務所は簡易裁判所代理権の認定を受けております。


民事再生の開始要件
【民事再生の開始要件】
住宅ローン等を除く無担保債務総額が5,000万円以下で、将来において継続的、又は断続的に収入を得る見込みがある事です。
 
【民事再生の注意すべき点】
小規模個人再生については、書面決議で債権者数・債権総額の50%以上の異議があった場合可決されず、債務は圧縮されません。
 
【民事再生費用】
40万円 〜(地方裁判所費用含)
※支払方法等はご相談下さい



江島猪之鼻司法書士事務所
司法書士事務所 江島猪之鼻司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目4番13号 九州DKビル6階
TEL :092-715-2488      FAX :092-715-2490
【当事務所の詳細・所在地MAPはコチラをどうぞ】



江島・猪之鼻 司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目4番13号
TEL:092-715-2488(代)
 
江島・猪之鼻 司法書士事務所